婦人

目の疲れを改善する|栄養分を手軽に補給しよう!

疲れからくるもの

色々な薬

目の疲れは体にも悪く、視力低下であったり変化が出やすくなります。ホットタオルであったり目薬を利用しながら改善を図るのもいいですし、サプリや栄養ドリンクなどで対策をするのも良いでしょう。自分に合ったものを選ぶことで改善しやすくなります。

大切な目を守る

女性の目

目は一日中使うものであり、毎日少なからず疲れを感じています。目の疲れをそのままにしてしまうと、頭痛などの諸症状を引き起こしてしまう場合もあるため、目の疲れを感じた場合には、冷やす、または温めるなどの対処をし、疲れを適切に解消させることが大切です。

目によい栄養を紹介します

緑のサプリ

目の疲れにきく栄養素はいくつかあります。まず、涙の量を保つビタミンA、視神経を活発化されるビタミンB群、コラーゲンを合成するビタミンC、目に多く含まれるDHA、抗酸化作用のあるルテインなどがあります。

目に栄養を与える黒ごま

疲れている婦人

黒ごまも良い

目の疲れを取り除いたり予防する効果のあるものとしてよく知られている成分が、ブルーベリーに含まれるアントシアニンです。しかし実はほかにも、目の疲れを取り除いたり予防する効果をもつ成分を含めた食材があります。それが黒ごまです。黒ごまにはゴマリグナンという成分が含まれており、それが疲労を感じるストレス物質を消していく働きを持ちます。黒ゴマは一時期ブームとなったこともあり、黒ごまラテや黒ごまペースト、ほかにも黒ごま豆腐、黒ごまプリン、黒ごまあんパンなど黒ゴマを使ったものが多く出回り、人気を呼んでたくさんの人が食していました。おいしく摂取できるものが実は目に良い効果を出す働きがあり、今の目をよく使う時代には良い食材なのです。

ゴマリグナンの効果

今の時代はパソコンやスマートフォンなど、画面を見る時間が多くなっています。昔は画面を見る時間帯はテレビが主だったのが、いろんな道具が増えるようになったことからじっと画面を見るだけの時間が増え、目の疲れを感じる人が多くいます。黒ごまに含まれるゴマリグナンには活性酸素を抑制する働きがあり、疲労を感じる物質を除去していく力があります。黒ごまはスイーツとして食べるのも良いですが、ご飯を食べる時でも白ご飯に黒ごまをかけて食べるのもゴマリグナンを摂取するには良い方法となります。また、黒ごまの栄養が凝縮したサプリメントを摂取するのも良いでしょう。目の疲れを放置してそのままにしておくと視力が低下するだけでなく、ドライアイになることもあります。黒ごまを食べてゴマリグナンを摂取し目の疲れを予防することも大事ですが、目に負担をかけないよう画面を見る時間にも気を付けることが大事です。